ポートキルの覚書き

たまに使う程度ですぐ忘れてしまうので覚書きとして残しておく。

$ lsof -i :ポート番号
# 8080番なら
$ lsof -i :8080

情報が表示されるのでそこポートキルしたいPIDの数字でkill -9を実行してください。

$ kill -9 PIDの数字

関連記事