Fcitx install on ArchLinux

ArchLinuxに日本語環境を入れる手順の備忘録
現在、日本にいないため英語の勉強も兼ねて、日本語環境を入れていなかった。
しかしながら、日本語で英語を調べたりすることもあり。
結果的に日本語環境を入れることにした。
今回はインストール後を前提としています。

まずやることとしては、日本語の入力を行えるようにすること。

$ sudo /etc/locale.gen

ja_JP.UTF-8.UTF-8のコメントアウトを外す。

$ sudo local-gen

を実行。

fcitxと日本語に対応したフォントのインストール
fcitx(ファイティクス)とは日本語入力に対応したUnix系OSにおけるインプットメソッドフレームワークです。

$ sudo  pacman -S fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc
$ sudo pacman -S otf-ipafont

.xprofileファイルの設定

$ nano ~/.xprofile

以下をexecよりも前に書く。

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”

最後にこのコマンドを打って終了

$ fcitx-autostart

以上。これで日本語入力の環境を準備できた。
再起動、もしくはログアウトして確認する。

もし、インターフェースなどの全面的な日本語化を行いたい場合は以下の手順。

$ sudo nano /etc/locale.gen
en_US.UTF-8.UTF8
ja_JP.UTF-8.UTF-8

関連記事